2Dスプライトアニメーション作成ツール「Xprite(エクスプライト)」とウディタ

----------------------------------------------------
画像

http://studioyu.net/xpr/index.html
2Dスプライトアニメーション作成ツール「Xprite(エクスプライト)」
----------------------------------------------------

上記のお手伝いをさせていただきました。
【お手伝い作業】
 ・立ち絵素材提供
 ・Xprite側のエクスポートデータをウディタで読み込むコモンイベントの作成

画像



~Xprite制御コモンを利用したサンプルゲームもあります! ~
画像


画像


コモンイベント配布先:
https://skydrive.live.com/?cid=799f8ee0372f293f#cid=799F8EE0372F293F&id=799F8EE0372F293F%21132
の「common」

サンプルゲーム配布先
https://skydrive.live.com/?cid=799f8ee0372f293f#cid=799F8EE0372F293F&id=799F8EE0372F293F%21132
の「common+sample」

◆ver1.2にアップデートいたしました!◆
処理負担を微妙に軽減させました。
(ファイルの読込回数を軽減)

・Xpriteデータの『表示』処理後に『可動』処理を行うと処理負担が軽減されます。
・Xpriteデータの『可動』処理後に再度『可動』処理を行うと処理負担が軽減されます。


↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓以下、リードミーの内容となります↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


------------------------------------------------------------------------------
【 ソフト名 】 Xprite制御コモン
【バージョン】 1.2
【 作成日 】 2013/01/19
【 製作者名 】 っK
------------------------------------------------------------------------------
【概要】
2Dスプライトアニメーション制作ツール Xprite(エクスプライト)より作成した、専
用エクスポートデータをウディタで読み込ませるためのコモンイベントです

STUDIO yu-:Xprite配布先
 http://studioyu.net/xpr/index.html

【導入方法】
①可変DBの任意の場所に、以下ファイルを読み込みます
 cdb_01_Xpriteファイル情報.dbtype
 cdb_02_Xpriteノード情報.dbtype
 cdb_03_Xprite描画順情報.dbtype

②コモンイベントに以下ファイルを読み込みます
 ※コモンイベント欄を3つ使用します。
 Xprite制御コモン.common

【使用方法】
①Xpriteより作成された以下フォルダをウディタのゲーム環境に配置します。
 << 生成ファイル >>
  ■Data
    └Xprite
      ├キャラ1
      │├アセット
      ││├アセットデータ(csv)
      ││└画像ファイル群(png)
      │├モーション1(csv)
      │├モーション2(csv)
      │ :
      ├キャラ2
       :

 << 配置先 >>
  ■Game.exe(ゲーム実行ファイル)と同じフォルダ
  ※上書き確認される場合、「はい」を選択してください。

②ウディタにて「■Xprite制御コモン」を呼び出します。
  ※使用方法の詳細は「manual.html」を参照してください。





バグ等の報告はっKまでご報告ください。
制作者名:っK
メールアドレス:xtuK{アットマーク}hotmail.co.jp
ホームページ:http://pokan.at.webry.info/

"2Dスプライトアニメーション作成ツール「Xprite(エクスプライト)」とウディタ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント