アンカースウィング

画像


http://hinezumi.net/wodifes/games/detail/252#tabs

現在制作しているゲームのシステムを流用し、ミニゲームを作成した


----------------------------------------------
【操作概念】
以下のようなシステムを目指した。
  1.簡単な操作
  2.複雑な挙動
  3.精密な作業

1.簡単な操作
  十字キー、決定キーで操作できるようにした

2.複雑な挙動
  例えば、決定キー1つでも複数の動作を行うことができる
  「地面にはりつく」
  「回転する」
  「敵を捕まえる」
  「敵を振り回す」

  雛型戦略も決定キー1つで味方の様々な移動制御を行うことができる。
  雛型戦略は偶然の産物、今回は狙ってやってみた。


3.精密な作業
  物理演算はとかく操作が難しくなりがちなので、
  ワイヤーアクション要素を取り入れることで、
  「画面外に飛んで行くのをワイヤーでひっかけて防ぐ」
  などといった、機体の移動制御に関して、安全かつ
  精密な動作ができるようにしてみた。
  
  ただし、「ワイヤー」操作に慣れなければ、
  やはり「癖のある慣性移動する難しいゲーム」と見られるかもしれない。
  そのあたり、ミニゲームで感触を確かめる。
  いずれにしても本編にはチュートリアルを付与する予定。
  (ちなみに、この慣性移動は、本編の舞台が宇宙であることに起因している。
   空気抵抗?う…頭が)

----------------------------------------------

【本編との違い】
本編はパズル要素もあり、移動速度も抑えめである。
ミニゲームということで1ステージ作成したところ、思ったより
爽快感がないし、なにより「死ににくい(=プレイ時間が異常に長くなってしまう)」

ということで、「3.精密な作業」の要素を少し除外することにした。
具体的には
・機体のスピードは速め
・敵を振り回して投げ飛ばす動作をメインにした
 (本編では、あまり振り回す要素はない)
・クリア条件は「目標得点に達すること」とした
 (本編では別にそんなことはない)

また、あまり複雑な動作を覚えさせるのも申し訳ないので
「シフトキー」操作は実装しなかった。
ということで、本編には「シフトキー操作の導入」といった
余力を残してある。

以上の理由により、本ミニゲームは「ゲームシステムの流用」ではあるものの、
「本編の体験版」の意味合いは薄くなっている。

----------------------------------------------

【音楽に関して】
思うところがあって海外の「OpenGameArt」の音楽素材を
使用してみることにしました。
どのような問題を含んでいるか未知数だったので
以下点を確認した上で使用いたしました。

 ・音楽作者様がホームページを持っていること
 ・音楽作者様がOpenGameArtに複数の素材を投稿していること
 ・曲名でネット検索しても、商用扱いされていないこと

----------------------------------------------

【その他】

画像


・タイトル画面にて、左右キーで説明文を表示させることで
(見方によっては)オープニング時間がゼロ秒になるようにした。


・体験版(のようなもの)を作ってみると、本編のシステムに反映しなければならない
 バグもいくらか発見することができ、有意義だった。
 本編の途中までの体験版というより、別シナリオのミニゲームにしたのは、
 「PINK HOUR」を参考にした。(私の場合ゲーム性までいじってしまったが……)


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック