1次元のゲームを作ってみよう

唐突ですが。

古今東西、フロントビュー、サイドビュー、クォータービューを採用した
様々なゲームがありますね。

さて、斬新さを追求するために、あえてそれら従来の視点を
廃した場合、何が残るだろうか……


⇒1次元のゲームを作ってみよう!

















できたよ!


画像



<解説>
画面上の緑の線がフィールドです。
少しだけ見える赤い色が魔王です。
少しだけ見える青い色が勇者です。


画像


ちゃんと十字キーで上下に動きます!


……


しまった!これではメッセージが表示できない。
ということで


メッセージ枠をつくってみました。

画像



目がいたあああああああああ
わかりづらいですが、画面下部に白い背景がメッセージ枠で、
「緑」、「緑」、「赤」色の縦棒が3つ配置されています。
これは、下記表に対応しています。


画像



配置されている3つの縦棒の色は、表の右部に対応しています。
「緑」、「緑」、「赤」 ⇒ 「1」、「1」、「0」
となります。

左部分の表に対応する文字を探すと、「m」になります。

この表示は「m」を表しているのです!
キー入力すると次のメッセージが表示され、最終的にメッセージは「maoutaosu」と解読できます。



なにこれ…




<利点>
・見た目が斬新
 こんなゲーム未来永劫ないだろう

・素材を用意する必要がない
 素材もなにも数ピクセルである

・謎解き要素付随
 まるで暗号文のようなメッセージ表示法であるため、
 ただ文章を読むだけで謎解きをしている気分になれる

・将来的に鉛筆とか細長いものにゲームを仕込める可能性(必要ありません)


<欠点>
・見づらい、目が痛い、わかりづらい

・地味

・左右の黒い部分がいらない

・横軸1ピクセルあるから正確には平面



…………………………………
…………………………………

これにて元の制作のほうに戻ります。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック